【西日本】鹿児島・沖縄

鹿児島は、霧島温泉や指宿温泉などの日本有数の温泉地が多いです。そのため、寒い冬になると温かい温泉を求めて多くの人が集まります。また、有名な与論島の百合が浜も鹿児島県にあるので、エメラルドグリーンの海と美しい砂浜のコントラストを見たい人にもオススメです。 南国は夏のイメージが強いですが、冬の沖縄は穴場スポットとしてオススメです。冬はオフシーズンなので、夏と比べると旅費はかなり安く済みます。また、意外なことに夏より冬の方が海の透明度が高いため、ハイシーズンよりも美しい海を安い旅費で楽しめます。そして、夏に訪れる人が多い沖縄は冬になると観光客が少なくなるので、ビーチが人だらけなんて言うこともありません。そのため、寒い冬に暖かい場所で静かに過ごして日々の疲れを癒したい、そんな旅行が出来ます。

 

【東日本】北海道・箱根

冬と言えば北海道、そう考える人も多いのではないでしょうか。「さっぽろ雪まつり」や函館の夜景、トマムやルスツやキロロのスキーリゾートなど、楽しめる場所は盛りだくさんです。そして、旬を迎えるカニなどの魚介類だったり、ラーメンやスープカレーなどの寒い冬にピッタリの温かい食べ物にも名物が多いです。 箱根は都内からも行きやすく移動も比較的短時間で済むため、多くの人に人気があります。もともと人気の温泉地ですが、冬になると特に人気が高まります。観光地や土産物店、飲食店など様々なものがあるので、年代を問わず楽しめます。また、客室に露天風呂が付いていたり、貸切露天風呂のある宿などは、カップルや家族連れに喜ばれています。