車や電車よりも安全な飛行機で行く

旅行をするときには何で行くのか交通手段を決めます。ツアーではなく一から自分たちで決めるなら交通手段も自分たちで自由に決められます。早く行ける方法を取るのか、安く行ける方法を取るのか、安全に行ける方法を取るのかなどがあるでしょう。安全に行きたいなら飛行機はパスしようと考える人も多いでしょう。飛行機に乗るのが怖いので乗った経験がない人もいます。しかし統計的なデータ上はバス、鉄道、飛行機の中では飛行機が最も安全とされています。最も手軽に感じるバスがデータ上は安全性が低くなります。もちろん最も低いバスでも実際に事故になる確率は非常に低いとされています。安全性や恐怖心から飛行機に乗らない選択をするのはもったいないと言えるでしょう。

 

飛行機はどの座席を選ぶのが良いか

飛行機で旅行をするとき、航空会社によっては座席を自由に選べます。エコノミークラスやファーストクラスなどのクラスを選ぶときもあれば、窓際や通路側など座席の位置を選ぶときもあります。それ以外に選びたいのがより安全な座席です。飛行機は上空を飛行しますが、まれにトラブルが発生します。その時に利用している座席によって生存率が違うので、できれば生存率が高い座席を選ぶ方がいいでしょう。これはバスや鉄道などでもいえるかもしれませんが、前に行けば行くほど生存率は低くなります。ですから後ろの方が安全になります。飛行機の墜落事故は前の方から突っ込むケースが多いので、後ろの座席だとかろうじて助かる可能性があります。選べるなら後ろの座席にしましょう。